会社概要  /  代表メッセージ

 
治験・臨床試験は新薬の開発や医学の発展に欠かせない重要なプロセスです。

新しい薬が世の中に出ることで、今まで治らなかった病気の治療薬や既存の薬より効果のある薬によって沢山の人々を救えます。しかし、日本の治験・臨床試験は世界に比べて遅れていると言われています。それはつまり、難病で苦しんでいる方、海外では治るはずの病気で苦しんでいる方たちを救えるチャンスが失われているということに繋がります。

そのひとつの大きな要因として被験者(治験参加者)の不足があげられます。そこには、日本での治験・臨床試験の認知度や理解度が広まってないことや、国民皆保険によって国民の多くが医療を安く受けられることなど、様々な背景が影響しています。クリニカル・トライアルでは、治験・臨床試験を正しく伝え、理解をしていただくことで、より多くの方に治験・臨床試験に参加していただき日本を初め世界中の人々の健康や医療業界の発展に貢献していきたいと考えています。

4畳程度の小さなレンタルオフィスで3人から始まったクリニカル・トライアルは、今や従業員全体で200名を越す規模になってきました。ここまでの会社の成長を支えてくれた全ての従業員と、そのご家族の方々、また、弊社のサービスに関わるすべての人へ、この場を借りて深い感謝を申し上げます。

今後も、皆さまの健康に関わるより良いサービスの提供に一層の努力をして参りますので、何卒よろしくお願いいたします。