会社概要  /  経営理念

 
わたしたちクリニカル・トライアルは治験や臨床試験といった領域だけではなく、「ヘルスケアサービス」というより大きな観点で、社内で働く従業員からエンドユーザーまで、世の中全ての人々の健康を向上させるというミッションを掲げています。また、わたしたちが定義する健康とは「病気がない状態」だけではなく、「人間のカラダ、ココロ、経済、環境といった要素がバランスよく保たれている状態」と考えています。その定義をもとに、世界中の人々の健康へ良い影響を与えられるようなヘルスケアサービスの創出を目指しています。
1.楽しむこと
 クリニカル・トライアルは仕事や人生を楽しむことをまず第一に推進しています。ほとんどの社会人にとって仕事は人生の大半の時間を費やすもの。それならば、毎日を本気で楽しんで過ごそうとしなければ、人生の大半が苦しいものになってしまいます。人生において、毎日楽しいことばかりではないでしょうが、どうすれば楽しいものにできるかを考え続けることは重要です。クリニカル・トライアルは毎日が楽しめるような職場環境づくりを目指しています。
2.夢中になること
 人は何かに夢中になっているときが一番楽しいものです。だから、日々の仕事や生活の中で、少しでも夢中になれるものを見つけることは、人生を楽しむうえで非常に重要な要素になると考えています。クリニカル・トライアルは、皆が夢中になれるような価値の高いサービスの提供を目指していきます
3.人生をかけていること
 人は自分が人生をかけても良いと思えるものが見つかったとき、その人のその後の人生は素晴らしいものになると考えています。人生の大半を費やす仕事の中でそれが見つかれば、仕事を続けるモチベーションにもなりえます。クリニカル・トライアルは社員へ対して、少しでもそこに協力できるよう努力していきます。
4.隣人に興味を持つこと
 全ての社会は組織で構成されています。組織で生活している限り、人は一人では生きていけません。一人ではこの世に誕生することすらできません。クリニカル・トライアルでは「会員様、顧客企業様、会社の仲間、家族、両親、友人」など、自分に携わってくれている人すべてに興味・関心を持ち、感謝と尊敬の念を忘れないことを推奨しています。
5.それら全ての環境づくりに自分自身が貢献していること
 今までの話は自分一人の力では決して達成できないことです。多くの人に協力してもらって初めて達成できることです。自分一人が良ければよいという発想では必ず綻びが生じます。人は信頼と思いやりで繋がっていると考えています。人の悪口や陰口は言うべきではありません。クリニカル・トライアルでは、自分が誰かに良いものを与えてもらったように、自分も誰かに良いものを与え続けられるような人生を目指すよう伝えています。