プレスルーム  /   2014年

2014/11/07
【遺伝子検査】年代が上がるに従い「遺伝子検査を受けたくない」増傾向
 
 
〜生活向上WEB「女性特有がんの遺伝子検査」に関する意識調査を459名に実施〜

ヘルスケアサービスを行う「生活向上WEB」(株式会社クリニカル・トライアル/本社:東京都豊島区/代表取締役:滝澤宏隆)は、「女性特有がんの遺伝子検査」に関する意識調査を行った。

【調査概要】
(1)調査対象:全国、20~79歳の女性 459名
(2)調査期間:2014年10月20日~10月28日

■遺伝子検査を受けてみたいですか?

●受けてみたい
70代 43%
60代 50%
50代 64%
40代 72%
30代 71%
20代 78%
全体 70%

7割以上の女性が「遺伝子検査を受けてみたい」と回答しているが、年代が上がるに従い、遺伝子検査を受けることを望まないという結果が見受けられた。 ヤフー株式会社や株式会社ディー・エヌ・エーが遺伝子検査サービスを始めるなど、遺伝子検査はビジネスとしても注目され始めた。 今回は遺伝子検査について、どれ程の認知度があるのかを調査した。 女優アンジェリーナ・ジョリーにより、話題には上がったが、本当の知識や必要性はまだまだ日本には浸透していないようだ。

【CTリサーチ】
第十五回 「女性特有がんの遺伝子検査」に関する意識調査

【生活向上WEB】 疾患、服薬データを活用した50万人のヘルスケアリサーチパネルである「生活向上WEB」では、 病気に関する様々なアンケートリサーチを実施しております。 <本件に関するお問い合わせ先はコチラ>
株式会社クリニカル・トライアル 柳橋
e-mail:yanagibashi@clinical-t.com
TEL:03-6869-0021

2014/09/11
【デング熱】報道後も60%以上の方が子供を「変わらず外で遊ばせている」
 
 

〜生活向上WEB「公共の場の感染症に関する意識調査」を319名に実施〜

ヘルスケアサービスを行う「生活向上WEB」(株式会社クリニカル・トライアル/本社:東京都豊島区/代表取締役:滝澤宏隆)は、公共の場の感染症に関する意識調査を行った。

【調査概要】
(1)調査対象:全国、25~50歳の男女 319名
(2)調査期間:2014年9月4日~9月7日

■デング熱の報道があってから、お子様を公園など外で遊ばせなくなりましたか?

変わらず外で遊ばせている 60.8%
もともと外で遊ばせていない 22.3%
以前よりも外で遊ばせなくなった 16.9%

「変わらず外で遊ばせている」の割合が60%と、半数以上の方があまり気にしていないという結果が出た。 今回のデング熱報道に関しては、発症元の特定も早く、対処も早々に行われている。 その為に、一般にはさほどの危機感が伝わっていない可能性がある。 しかし、子供は大人と比較し、感染症などにかかる割合が多いため、 いざという時の対処法なども併せた、正しい認知を今後も増やす必要があるだろう。

【CTリサーチ】
第十四回  公共の場の感染症に関する意識調査

【生活向上WEB】 疾患、服薬データを活用した50万人のヘルスケアリサーチパネルである「生活向上WEB」では、 病気に関する様々なアンケートリサーチを実施しております。 <本件に関するお問い合わせ先はコチラ>
株式会社クリニカル・トライアル 柳橋
e-mail:yanagibashi@clinical-t.com
TEL:03-6869-0021

2014/09/11
東京メインオフィス移転のお知らせ
 
 

株式会社クリニカル・トライアルは、事業拡大に伴い、東京メインオフィスを下記の通り移転いたします。

これを機に社員一同さらに一層精励し、皆様のご期待に沿う所存です。
今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

移転先所在地
〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-13-23 池袋YSビル 2F
電話番号 03-5928-0991(代表) FAX番号 03-5928-0982(代表)
電話番号03-5985-0053(経理部) FAX番号03-6863-5553(経理部)

業務開始日
平成26年9月16日(火)

地図

外観

2014/09/04
【ALS】アイスバケツチャレンジ後でも、81.4%がALSに興味なし
 
 

〜生活向上WEB「アイスバケツチャレンジ」に関するアンケートを1,157名に実施〜

ヘルスケアサービスを行う「生活向上WEB」(株式会社クリニカル・トライアル/本社:東京都豊島区/代表取締役:滝澤宏隆)は、アイスバケツチャレンジに関するアンケート調査を行った。

【調査概要】
(1)調査対象:全国、10歳以上の男女 1,157名
(2)調査期間:2014年8月26日~8月31日

■アイスバケツチャレンジが始まってから、ALSに関してどの様な病気か調べましたか?

調べていない 81.4%
調べて興味を持ったので募金をした 9.9%
調べた 8.7%

80%以上の方がALSに関して「調べていない」ことが判明した。

「認知度向上のためにも良いと思う」の割合が34%。「チャリティをイベント化するものではない」がほぼ同数であり、賛否がほぼ並ぶ結果となった。

アイスバケツチャレンジは、数億円の寄付を生むことはできたが、ALSという難病への認知を高めるには至っていないことが判明した。疾患に対する意識向上には、いろいろな施策を、継続的に行う必要がありそうだ。

【CTリサーチ】
第十三回  ALSアイスバケツチャレンジに関する意識調査

【生活向上WEB】 疾患、服薬データを活用した50万人のヘルスケアリサーチパネルである「生活向上WEB」では、 病気に関する様々なアンケートリサーチを実施しております。 <本件に関するお問い合わせ先はコチラ>
株式会社クリニカル・トライアル 柳橋
e-mail:yanagibashi@clinical-t.com
TEL:03-6869-0021

2014/09/03
【新規事業】疫学調査受託サービス「疫学調査くん」を開始
 
 

〜「疫学調査くん」無料体験サービスを9月末まで実施〜

臨床試験の被験者募集を行う、株式会社クリニカル・トライアル(本社:東京都豊島区/代表取締役:滝澤宏隆)は、医療ヘルスケア分野などの専門的情報サービス業を行う、ゼネラルヘルスケア株式会社(東京都港区、代表取締役:竹澤慎一郎)と共同で、疫学調査研究所を設立し、疫学調査受託サービス「疫学調査くん」を開始した。 (1)疫学調査研究所「疫学調査くん」とは 株式会社クリニカル・トライアルは、50万人を超える会員データベースによる治験・臨床試験における被験者募集支援を展開している。いままで企業に対する提案が主力だったが、大学等の研究機関向けへのサービス提供拡大を目指す。 ゼネラルヘルスケア株式会社は、大学や企業の研究者が研究を発表する場である学術論文「Sience Postprint」の出版を行なっているが、「疫学調査くん」を導入する事で、論文を書くための効率的なデータ取得の方法を確立した。

両社は、共同で運営する「疫学調査研究所」を設立し、ゼネラルヘルスケア株式会社が営業の窓口となり、株式会社クリニカル・トライアルが管理する治験・臨床試験被験者への受託調査を実施する「疫学調査くん」を公開した。

「疫学調査くん」により、日本における疫学研究の機会を増やし、研究が促進されることで、人類の健康増進と産業発展を目指していく。

(2)「疫学調査くん」でできること 「疫学調査くん」の被験者は、日本国内の20代~50代を中心に50万人にのぼる。その多くは年1回以上の健康診断を受診しており、基本的な健康情報だけでなく、罹患している疾患の情報、投薬されている薬の情報なども含まれている。

これらの情報を活用して被験者を絞込み、疫学調査を実施することが可能になった。調査結果は論文発表や学会発表など学術的な場でのデータとして利用ができ、企業のマーケティングデータとしても活用することも可能となる。

(3)【期間限定】無料サービス体験ができるオープニングキャンペーン オープニングキャンペーンとして、大学などの研究機関を対象とした無料「疫学調査くん」体験サービスを実施している。

本日より2014年9月末日締め切り。応募された研究計画の中から、「疫学調査くん」の事例として参考になる研究テーマを選定し、無料にて調査結果が提供される。調査結果は独自の研究として論文発表や学会発表などで利用できるが、疫学調査研究所においても公開データとして利用する権利を付与する。

参考URL
疫学調査研究所「疫学調査くん」

◆ゼネラルヘルスケア株式会社について
1. 商号 :ゼネラルヘルスケア株式会社
2. 代表者 :代表取締役 竹澤慎一郎
3. 所在地 :東京都港区南青山2-2-12
4. 設立 :2007年1月29日
5. 資本金 :30百万円(資本準備金含まない)
6. 従業員数 :12名(平成25年4月30日現在、非常勤含む)
7. URL :http://www.ghjapan.jp/

【本件に関するお問い合わせ】
疫学調査研究所「疫学調査くん」 お問合せ先

2014/08/27
【介護うつ】同居介護者の50%以上が介護うつ
 
 

〜生活向上WEBが「介護者とストレス」に関するアンケート調査を2,422名に実施〜

ヘルスケアサービスを行う「生活向上WEB」(株式会社クリニカル・トライアル/本社:東京都豊島区/代表取締役:滝澤宏隆)が、介護者とストレスに関するアンケート調査を行った。

【調査概要】
(1)調査対象:全国、20歳以上の男女 2,422名
(2)調査期間:2014年7月5日~8月5日

■どんなことにストレスを感じますか。

先が見えない 28.79%★
心身の疲労 26.41%
介護される側の苛立ちやわがまま 15.37%
自分の時間がない 12.23%
家事と仕事の両立 8.98%
その他 8.23%

先が見えないことに対するストレスが全体の3割と、最も多い回答に。
家族とはいえ、毎日続く介護生活は介護者に大きなストレスを与えていることがわかる。
人は期間が限定されているストレスには耐えることが出来るが、介護のように先が見えないストレスには弱い。そのような状況下で、精神的にも肉体的にも限界になり、うつ病を発症してしまうケースが後を絶たない。
被介護者のケアはもちろん、介護者へのフォローアップも必要である。

【CTリサーチ】
第八回 同居介護者の50%以上が介護うつ

【生活向上WEB】
疾患、服薬データを活用した50万人のヘルスケアリサーチパネルである「生活向上WEB」では、
病気に関する様々なアンケートリサーチを実施しております。
【本件に関するお問い合わせ先はコチラ】
株式会社クリニカル・トライアル 柳橋
e-mail:yanagibashi@clinical-t.com
TEL:03-6869-0021

2014/08/20
【就職活動とうつ病】就職難を脱しても、就活中のうつ病傾向は高い
 
 

ヘルスケアサービスを行う「生活向上WEB」(株式会社クリニカル・トライアル)が、就職活動とうつ病に関するアンケート調査を行いました。

【調査概要】
(1)調査対象:全国、18歳~45歳の男女 2,822名
(2)調査期間:2014年6月20日~7月28日

■就職活動が原因でうつ病を発症した人の割合
現在就職活動中 7.6%★
1~5年前 3.7%
5~10年前 2.0%
10~15年前 2.3%
15年以上前 2.7%
これから就活を始める 2.8%

全世代の集計で、うつ病の原因は「プライベートでの人間関係が原因」との回答が一番多い。 うつ病と回答した人の中で「就職活動がうまくいかないから」と回答した人は全体の9.2%と第4位。 うつ病で現在就職活動中の学生の中で、就職活動がうつ病の原因と回答した人が7.6%と一番高い結果に。
就職難を脱しても、就職活動中にはうつ病の傾向が高まる。どの時代においても、学生から社会人へのステップには負荷を感じている。家庭、企業、学校などのさらなるフォローアップを検討する必要があると考えております。
【CTリサーチ】
第七回 就職難を脱しても、就活生にうつ病増加

ご質問やお問い合わせはお気軽にご連絡ください。

2014/02/01
福岡支社立ち上げのお知らせ
 
 

現在、クリニカル・トライアルでは本社東京に加え、大阪・北海道に 支社を展開しています。2011年11月に北海道支社を立ち上げて以来、 約2年越しに新規支社の立ち上げを果たしました。

支社を立ち上げるメリットは、そのエリアでの募集案件が活性化する ことにより、データベースの会員が増加し、今まで満足にご支援できな かったエリアで、多くの患者様のご紹介が可能になることです。

九州エリアでの募集について、特に強化している疾患・領域は【骨粗 鬆症】【腰痛】【OA】等の整形領域、【ざ瘡】【アトピー性皮膚炎】等 の皮膚科領域です。

ご質問やお問い合わせはお気軽にご連絡ください。

2014/01/15
グループ会社「クロエ」との営業窓口統合に関するお知らせ
 
 

2014年よりクリニカル・トライアルは営業窓口をグループ会社の株式会社クロエ(http://www.croee.com/)に統合致します。昨年は治験・臨床試験におけるデータの信頼性を揺るがす問題が続き、臨床開発業務の一部を担う弊社としても、より信頼性の高い業務を推進していく事が業界として求められていくことを受け、今回の体制変更を行うことを決定しました。

クロエは2009年に治験依頼者主導の治験広告を活用した被験者募集事業を主としたCROとして、国内外50社以上の製薬企業とお取引を行っており、弊社とはグループ企業として包括の業務委受託契約を締結しております。今回の営業統合では、クロエのCROとしての試験受託体制・SOPに則った被験者募集プロセスをクリニカル・トライアルにも適応することで、より信頼性の高い業務を推進していく事を目的としております。

つきましては新規のご契約手続き等で、皆様におかれましてはご不便をお掛けすることになるかと思いますが、営業担当がご対応させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

プレスルーム